WinActorとは

WinActorは2010年にNTT研究所で産まれた純国産RPAソリューションです。

Excel、ブラウザ、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能あらゆるアプリーケーションの

操作をシナリオとして学習し、PC操作を自動化するソフトウエア型のロボットです。

WinActorの特徴

  • 自動化対象ソフト

    Windows端末から操作可能なあらゆるソフトに対応

    IEやOffice製品(Excel、Access、Word、Outlook等)はもちろん、ERPやOCR,ワークフロー(電子決済)、個別システム、共同利用型システムにも対応

  • 対応言語

    完全日本語対応 (対応言語を順次拡大)

    操作画面、マニュアル、サポートのすべてが日本語・英語に対応対応言語を順次拡大

  • 取扱い難易度

    ユーザー部門でも操作可能

    操作性が高く、プログラミング知識や特殊な言語は不要

  • 信頼性

    NTTグループで開発・利用

    NTT研究所が開発、グループで長年利用し、ノウハウが詰まったソリューション

  • サポート

    万全の体制

    NTTデータが誇る万全な体制   今後も新機能を順次追加

  • 環境

    PC1台から動作

    特殊な環境構築は不要   PCにインストールするだけで利用可能

  • 導入期間

    即日利用OK

    環境構築もルール作成も簡単   スモールスタートに最適なコンパクト設計

WinActorで業務を自動化するまで

用途と適用範囲


・ 大量のデータ投入、転記作業
・ 起案、承認等のワークフロー操作
・ キッティング作業時の端末設定・アプリインストール作業
・ ダイレクトメールの送信
・ Webサイト検索、インターネットからの情報収集
・ Webサイトの更新
・ HPのリンクやメーリングリストの死活確認
・ 印刷・PDF化作業
・ データ分析、加工と配布。
・ 複数台の端末を用いた負荷テスト
・ サーバーメンテナンス(コマンドライン操作)
・ SQL発行(DB管理ソフトの操作)