ENOVIRONMENT AS A SARVICE ACROSS YOUR ORGANIZATION

Dx時代の企業のイノベーションを加速する

“Environment as a Service”

Environment as a Serviceは、ICTインフラやアプリケーションの開発環境をオーケストレートし、

企業のコスト削減・開発迅速化・サービス品質向上・ガバナンス向上に寄与します。

CloudShell Colonyは、パブリッククラウド上でのアプリケーション開発環境を制御するSaaS型サービスです。ワンクリックで開発環境を再現し、ワンクリックで商用リリースします。

以下技術資料は、資料請求ボタンより入手ください。

・CCoE (Cloud Center of Excellence) を支援するDevOps対応 Multi Cloud Management Platform

・CloudShell Colonyでクラウド開発環境のコストをコントロールする5つの鍵

・Environment as a Service Blueprinting VS Terraform

BENEFITS

詳細

Quails社サイト

DevOpsの規模を3倍に拡張

詳細

Quails社サイト

ソフトウェアのテストを66%
スピードアップ

詳細

Quails社サイト

シングルテナント製品を
SaaSとして提供

開発環境の活用に集中

開発・リリースの迅速化

ガバナンス強化

IaCをサポート、クラウドやCI/CDツールの設定を簡素化することで、環境構築に費やされた労力を活用に振り向けます。

保存された開発環境をワンクリックで再現、ワンクリックで商用リリースし、Blue-Green DeploymentやABテストを可能にします。
パブリッククラウドの課題であるコストとセキュリティをコントロール・可視化します。

 

 

FEATURES

開発環境のモデル化

再現可能なAWS, Azure, Kubernetesの環境を構築します。環境はYAMLコードで定義され、親しみやすいUIで表示することが可能です。環境は、コンテナ、コンピュート・インスタンス、ロードバランサ、ネットワーク&セキュリティ、サーバ以外のファンクション、クラウドサービス、さらに複雑な環境に求められるパラメータ、初期データ、コンフィグ、ヘルスチェック等が含まれます。

セルフサービスかつシームレスなCI/CD

ロール&ポリシーベースによる構成パターンを、オンデマンドで作成可能です。自動セットアップ、ヘルスチェック、ティアダウンを実行します。
また、Jenkins, TeamCity, GithubといったDevOpsエコシステムと連携し、本番環境のアップデート、継続的デプロイメントの自動化、Blue-Green Deploymentの実践、ABテスト等へ対応します。

スピード&ガバナンス

Roll-based Access Control、マルチテナンシー、セキュリティ、アクセス監視等へ迅速に対応します。
開発環境の準備/管理は標準化・可視化され、無秩序なクラウド拡大やシャドーITを排除、ガバナンス強化によるコスト削減・セキュリティ強化・イノベーション推進へ寄与します。