プロダクト

CloudShell

Dx時代の企業のイノベーションを加速する
“Environment as a Service”

Environment as a Serviceは、ICTインフラやアプリケーションの開発環境をオーケストレートし、企業のコスト削減・開発迅速化・サービス品質向上・ガバナンス向上に寄与します。

CloudShellは、お客様の用途に合わせて2つのEnvironment as a Serviceを提供します。

-インフラの開発や検証時に必要とされる
ラボ環境を、オンデマンドかつセルフサービスで提供

-パブリッククラウド上に組まれるアプリケーションの開発環境をワンクリックで構築・解放・再現





CloudShell Proは、ラボ・リソースの使用・管理を効率化するソフトウェアです。
スケジュールに合せてテスト環境が立ち上がり、すぐにテストができます。
オンデマンドでコントロールできるため、自宅からでもテストが可能です。



開発/テスト、販売デモ、トレーニング、またサポートへ求められる複雑なインフラ・アプリケーション構成を、ワンクリックで複製。

多様な働き方をサポート

ラボ・リソースをオンデマンドで提供。場所と時間を選ばず、どこからでもテスト環境をコントロールします。

ラボの稼働率向上

ラボ・リソースをスケジュールに合せて自動構築・自動解放。ラボ・リソースの使用効率を向上します。

完全な再現性

ネットワーク図の書かれたWebポータル画面から、あらゆる操作が可能です。

インフラとアプリケーションのモデル化
複雑なインフラとアプリケーション構成をモデル化。ユーザはリソースをドラッグ&ドロップし、物理/仮想インフラ、ネットワーク接続、アプリケーション、クラウドインターフェースを組み合わせます。

オーケストレーション・ワークフロー
セットアップとティアダウンの自動化を簡単に実装。また、拡張可能なPythonライブラリを使用し、サンドボックス内で強力なオーケストレーション・ワークフローを作成。環境を簡単に保存・復元。

セルフサービス・デプロイメント
共有されたセルフサービス・カタログへブループリントを公開し、どこからでも、すべてのチームがオンデマンドでアクセス。サンドボックスへワンクリックで展開。

企業グレードのソリューション
きめ細やかに権限付与されたアクセスとポリシー適用。コストとセキュリティをコントロールしながら、スマート・マルチテナンシーで数千のユーザをサポート。また、SLAサポートではTier1のサービスを受けることができます。

ビジネス・インサイト
クラウドとインフラの利用に関するレポートは、包括的なビジネスへの分析とアイデアを提供。コストを賢く割り当て、削減・最適化へ寄与します。

CloudShell Proによるハイブリッドクラウドの制御
セールスとデモのジレンマ EaaS






CloudShell Colonyは、パブリッククラウド上でのアプリケーション開発環境を制御するSaaS型サービスです。ワンクリックで開発環境を再現し、ワンクリックで商用リリースします。



開発環境の活用に集中

IaCをサポート、クラウドやCI/CDツールの設定を簡素化することで、環境構築に費やされた労力を活用に振り向けます。

開発・リリースの迅速化

保存された開発環境をワンクリックで再現、ワンクリックで商用リリースし、Blue-Green DeploymentやABテストを可能にします。

ガバナンス強化

パブリッククラウドの課題であるコストとセキュリティをコントロール・可視化します。

開発環境のモデル化
再現可能なAWS, Azure, Kubernetesの環境を構築します。環境はYAMLコードで定義され、親しみやすいUIで表示することが可能です。環境は、コンテナ、コンピュート・インスタンス、ロードバランサ、ネットワーク&セキュリティ、サーバ以外のファンクション、クラウドサービス、さらに複雑な環境に求められるパラメータ、初期データ、コンフィグ、ヘルスチェック等が含まれます。

セルフサービスかつシームレスなCI/CD
ロール&ポリシーベースによる構成パターンを、オンデマンドで作成可能です。自動セットアップ、ヘルスチェック、ティアダウンを実行します。
また、Jenkins, TeamCity, GithubといったDevOpsエコシステムと連携し、本番環境のアップデート、継続的デプロイメントの自動化、Blue-Green Deploymentの実践、ABテスト等へ対応します。

スピード&ガバナンス
Roll-based Access Control、マルチテナンシー、セキュリティ、アクセス監視等へ迅速に対応します。
開発環境の準備/管理は標準化・可視化され、無秩序なクラウド拡大やシャドーITを排除、ガバナンス強化によるコスト削減・セキュリティ強化・イノベーション推進へ寄与します。