ADOCインターナショナル

データサイエンスへの関心が
入社の動機に。

2020年入社 山縣 拓真

データサイエンスへの関心が入社の動機に。

大学内の企業説明会において、IT分野の中でビッグデータに関わる仕事も行っているという事業内容に関心を持ち、面接を受けてみようというきっかけに。
毎回面接後にアドバイスや激励などをもらえたため、働いている社員に思いやりや心に余裕がある会社という印象が強く残り、迷わず入社に至りました。

現在の業務は、主にSDN(Software Defined Network)、ネットワークプロビジョニングという技術分野において、ネットワーク回線をプログラミング管理するシステムの開発案件に携わり、実際にプログラムを動かしてバグの有無を検証しています。

システムの開発経験を積んでいくことが、やりがいと成長につながる。

仕事のやりがいは、と聞かれると「経験を積んでいくことがやりがい」と答えています。
最近、意欲的に取り組んでいることが二つあり、一つはpythonのプログラミング学習で、ネットワークを始めとする自動化関連技術の習得に力を注いでいます。
二つ目はデータ分析案件へ対応するため、ビッグデータの分析、データサイエンスにも前向きに取り組んでいます。

また、若手の育成を目的とした社内の教育プロジェクトに参加し、練習を兼ねてPMに立候補。作業工程の洗い出しや進捗管理に苦戦するなど悩みも多いですが、経験を積むことで間違いなく自身の成長につながると信じています。

VOICES

社員の声